会社を知る|3分でわかるH4

  • 3分でわかるH4
  • フォトギャラリー
これを見ればH4のだいたいのことは分かる!?3分でわかるH4
H4誕生の秘話

株式会社 H4|HUMAN  HOSPTITALITY  HAPPINESS  HOPE

2012年、当時29歳だった社長の堀と4人の仲間によって設立されたH4。

もともと堀は派遣会社の物流部門で働いていましたが、会社の方針で物流派遣よりIT事業への参入を強化することに。でも、「会社の方向性と私のやりたいことは違う…」もっともっと物流派遣の仕事がやりたかった堀は「やりたいことをやろう」と、自分で会社を立ち上げることを決意しました。

貯金をかき集めて用意できた資本金はわずか400万円。

設立当社は営業にまわっても「資本金が少ない会社とは取引できない」「こんな会社で大丈夫か」など、まったく相手にされない日々が続き、4~5ヶ月目には存続の危機に。
銀行からもお金を融資してもらえず、○○○金融から借りることに……。そんな中、何とかやり繰りし7ヶ月目にしてようやく大口の仕事を受注することができたのです。

その結果、第1期目の売上高は1億4,970万円に到達。

厳しいスタートでしたが、この大口受注をきっかけに、H4は本格的に派遣会社として誕生しました。

H4のポリシー

みんなを元気にする!We all want to be healthy!

仕事をするうえで本当に大切なのは、誰と仕事をするか。
派遣会社の仕事やサービスはどこの会社でも大きな違いはありません。
だからこそH4は価格ではなく、人という付加価値で選ばれる会社を目指してきました。
そして、選ばれるために必要なのは元気。
本気で向き合えば、困っている会社の活力になり、
働くみんなに元気を与えることができると考えています。

みんなを元気にする存在でありたい。
その想いは、お客様に対しても、スタッフに対しても、社員に対しても同じです。
繁忙期には社長も役員も率先して現場に入るのがH4のスタイル。
それは大変なときこそみんなを元気づけたいと思っているから。
「みんなを元気にする!」これがH4のポリシーです。

数字で見るH4
2017年11月現在
これからのH4

代表取締役社長堀 世至臣

今後は出店スピードをさらに加速し、国内だけでなく海外にも拠点を展開していく方針です。まずは国内30拠点、海外10拠点を実現。そして、2023年には売上高を100億円規模にまで拡大し、将来的には上場を目指していく考えです。また、これからますます少子高齢化が進む日本においては、シニア層や外国人の存在が必要不可欠です。そのため、H4では外国人採用をはじめとする人材の多国籍化、事業領域の拡大、そして海外進出といったグローバル化を同時に推し進めていきます。

拠点の拡大や事業領域の拡大に伴い、拠点責任者、エリア責任など、重要なポストは当然増えていきます。これから入社される方にも、ぜひ上を目指してもらいたい。意志があれば、上場したH4で幹部や取締役の座に就くことも夢ではありません。